本文へスキップ

観音寺市にある行政書士事務所「行政書士渡辺勝芳事務所」許認可申請、相続(遺言書作成)等お任せ下さい。(技能実習、特定技能)

TEL.0875-82-6008

〒768-0022
香川県観音寺市本大町1493-1

許認可申請、法人設立、契約書・遺言書作成 ご相談ください

観音寺市にある行政書士事務所行政書士渡辺勝芳事務所」のホームページをご覧頂きありがとうございます。

許認可申請遺言作成などの相談はお任せください!

行政書士は「街の法律家」、みなさまの身近な相談です。

誠実』『安心』『確実』を信条に業務を行っています。

依頼には迅速対応いたしますので、ぜひお任せ下さい。

まずはお電話からお問い合わせください。
0875-82-6008
080-3438-5847

お問い合わせフォーム

お名前*
ご連絡先  電話番号もしくはemail*
お問い合わせ内容*
*は必須項目です。

業務内容

【許可申請・登録等】

株式会社設立 合同会社設立 各種法人設立 融資申込手続 各種規定作成
建設業許可 経営事項審査 入札指名願 農地転用許可 風俗営業許可
運送業営業許可 在留VISA申請 帰化申請 各種営業許可 消防法関連手続
産業廃棄物許可 車庫証明
行政書士渡辺勝芳事務所 行政書士渡辺勝芳事務所 行政書士渡辺勝芳事務所

【権利・義務関係書類】

遺言書 遺産分割協議書 離婚協議(紛争を伴わない) 内容証明 契約書
行政書士渡辺勝芳事務所 行政書士渡辺勝芳事務所 行政書士渡辺勝芳事務所

【コンサルト業務】

会計帳簿の記帳 決算書の作成 就業規則作成 賃金規定・退職金規程
行政書士渡辺勝芳事務所 行政書士渡辺勝芳事務所 行政書士渡辺勝芳事務所

【外国人の受入】

行政書士渡辺勝芳事務所では、技能実習制度と特定技能による外国人受け入れの手続きやサポート等の支援を行っております。
技能実習とは?
外国人技能実習生制度とは彼らの母国の発展の為に、日本の産業へ受入れをおこない座学や実務を通じて、日本の技術及び知識を習得をしてもらう制度です。
特定技能とは?
特定技能とは、2019年4月より導入された新しい在留資格です。日本国内において人手不足が深刻化する14の業種で、外国人の就労が認められました。


■技能実習と特定技能の違いと特徴

 特定技能と技能実習との大きな違いは制度の差です。
 技能実習制度の趣旨は、あくまでも日本で修得した技能・技術を発展途上国である母国へ移転することです。技能実習制度においては、来日時には、特段に優秀な技能を持っていなくても、いいのですが、基礎レベルの技能は、すでに身につけておくことが求められます。(インターン研修程度)
 そして、
・技能実習1号修了(来日後1年経過)までに「基礎級」技能検定(実技及び学科試験)
・技能実習2号修了(来日後3年経過)までに「随時3級」技能検定(実技試験)
・技能実習3号修了(来日後5年経過)までに「随時2級」技能検定(実技試験)
 以上の技能検定を受検し、合格して帰国することが求められています。
 さらに、来日までに、必要最低限の日本語能力が求められています。N4相当(小学校高学年程度)が望ましいとされていますが、現実としては、N5相当(小学校低学年程度)で来日する例が多いようです。来日後、1ケ月間、日本語研修と日本における法制度や日常生活を円滑に行うための生活指導、事故防止に関する研修を行います。また、健康診断も再度行います。
 その後、それぞれの受け入れ企業で研修し、研修終了後は、日本で修得した技術・技能を本国へ持ち帰り、それらを本国へ移転するということが目的とされています。
 技能実習制度での外国人の受け入れは、日本の国際協力や国際貢献の一環として、1993年(平成5年)に開始され、現在まで続いています。

 特定技能は、すでに相当程度以上の日本語能力と、技能を持っていることが前提であり、来日するためには、2つの方法があります。
1.技能実習終了後に帰国した人が、再来日を望むならば、無試験で来日できます。
(以前は、技能実習は、1回だけで、再来日は、認められませんでした。)
2.技能実習経験のない人も、一定程度以上の技能試験(日本国内はもちろん、海外でも試験を実施予定です。)に合格し、かつ、日本語能力試験N4合格していれば、来日 可能とされています。
 特定技能の場合、「ある程度の即戦力」が求められると言うわけです。
 特定技能制度の目的は、生産性向上や国内人材確保の取り組みを最大限行っても、なお、人手不足が深刻な産業分野のための人手不足解消の手段と言えると思います。
 また、特定技能1号は、5年間の在留が可能です。  特定技能2号は、さらに5年間の在留が認められ、家族の帯同も認められることになっています。(ただし、現在は、建設業と造船・舶用工業の2業種のみに認められています。)
 将来的には、他の業種についても、認められることになるかも知れません。(期待大)

 また、技能実習は、過去に遡ってみれば、随時、業種の追加がなされています。今後も追加される可能性があります。特定技能についても同様で、業種の追加などの改変がなされるここと、思います。




【大卒エンジニアの受入】

詳しくはこちらをご覧ください。

特徴など

許認可申請業務がメインですが、相続相談、離婚相談、社会福祉関係相談も、得意です。

民生委員を拝命していました。

生活保護、DV、児童虐待等の相談も可能です。 

行政書士の業務範囲を超える場合は、弁護士、司法書士、税理士等の専門家とタイアップし、精一杯、最高の仕事をさせていただきます。

どんな相談も、お気軽に、どうぞ。

全国に、提携している先生方がいますので、ご紹介も可能です。

誠心誠意、対応させていただきます。安心して、ご依頼下さい。

行政書士渡辺勝芳事務所

行政書士渡辺勝芳事務所

ご依頼の流れ

1.お問い合わせ

電話・フォームより、ご相談の内容、日時、場所をお知らせください。

電話
0875-82-6008
080-3438-5847

2.お打ち合わせ・ご相談

ご相談を行っていきます。お話がスムーズに進むよう事前に内容をまとめてメモしておくことをお勧めします。※1

3.見積り提出

打ち合わせ後、概算見積りをいたします。
見積りを見ていただいてご依頼されるかをお決めできますのでご安心ください。※2

※お見積り無料

4.業務開始

委任契約書にサインを頂きますと業務開始になります。
本人確認の身分証、印鑑、が必要になりますのでご用意ください。

5.業務完了

実費と報酬をお支払いいただきます。
また、お預かりしている資料等がありましたらご返却を致します。

※1 出張も行っておりますのでお気軽にお問い合わせください。

※2 業務内容によっては、概算見積りが困難な場合があります。その場合には幅をもった金額を提示させていただきます。


行政書士渡辺勝芳事務所

よくある質問

Q.行政書士とは何ですか?

A.行政書士は、官公省庁の許認可申請の他、契約書の作成、遺産分割協議書や遺言書作成など、あなたの生活に関係した法的な事務を行う専門家です。書類作成、許認可申請代理等を行います。


Q.電話相談はできますか?

A.はい、お電話でのご相談でもお応えできる範囲でお応えします。
ただ、お会いしたほうが確実に内容を把握できますし、お気持ちを傾聴させていただくためにもお会いしてお話を聞かせていただきたいと考えております。


Q.出張相談はやっていますか?

A.はい!香川県内であればどこへでも駆けつけます!出張費無料です。お気軽にお電話でお問い合わせください。


Q.遺言書を作成したいのですが?

A.公正証書遺言と、自筆証書遺言、秘密証書遺言があります。弊所では公正証書遺言をお勧めしています。
財産をどのように分けるかの判断材料とするために、財産目録の作成が大前提となります。


Q.相続税がかかるか、かからないか分からないのですが?

A.提携先の税理士事務所で、相続税のシュミレーションをいたします。
(概略の相続税は、渡辺が即答いたします。)

店舗案内

店舗名
行政書士渡辺勝芳事務所
住所
(〒768-0022)香川県観音寺市本大町1493−1
電話番号
0875-82-6008 / 080-3438-5847
FAX番号
0875-82-6008
業種
行政書士
営業時間
10:00〜21:00 (ご予約していただければ、24時間対応します。)
休業日
年中無休

アクセス

国道11号線、観音寺市一ノ谷交差点からすぐ
その他
国道11号線、一ノ谷交差点を山本町方面に曲がる。遊食房屋の手前。マクドナルド観音寺店近く。
駐車場